全入時代と言われて|個人に合わせた勉強が行える医学部予備校を選びましょう
男女

個人に合わせた勉強が行える医学部予備校を選びましょう

全入時代と言われて

大学生

全入時代

現代の日本では少子化が進む一方で、大学全入時代とも言われています。これは誰でも選ばなければ大学に入れることを意味しており、定員が埋まらない大学は留学生で埋めているのが現状です。しかし国公立大学や、有名私立大学への人気は高まるばかりです。まず、日本の大学の種類を見ていきましょう。一般的な四年制大学は数を増やしています。それは数多くの短期大学が4年制大学へ変わったことが理由のひとつに挙げられます。医学部薬学部は6年制です。相槌が高いことで有名な学部でもありますが、同時に他の学部よりも学費が高い上に6年間通うので費用の面での負担が増えてしまいます。現在は奨学金の制度の充実しているので多くの学生がそれを利用しています。

専門的な学校

大学の学部や学が多様化するとともに入手の方法も多様化してきました。国公立ではセンター試験を利用した入試です。センター試験は、私立でも利用して受験ができるところがあるので受験者が多い試験の一つです。しかし私立のセンター利用入試というのは合格者数がとても少ないことが特徴です。第一志望の学校ならば一般試験や他の入試を受けたほうがいいでしょう。指定校推薦入試というのもあります。これは高校で決まったある程度の人数が学校長から推薦されます。推薦された時点でほとんど合格といってもいいですが、高校を卒業してからの高校の名前を背負うことになります。最近では、ao入試も主流です。高校からの調査書と面接や小論文などの試験で合格が決まります。